2018年7月23日月曜日

星空@横手山ドライブイン

梅雨が明けてもなかなか快晴とならなかった夜空でしたが、7月18日は星空が広がりそうな天気予報でした。遠く関東方面からSNSの友人も志賀高原横手山に遠征という連絡もあり久しぶりに星撮りを友人と楽しみました。

19時頃現地に着いたときにはまだ明るく月と木星が輝いていました。明るいうちに赤道儀とカメラをセットして暗くなるまで待ちました。

久しぶりに志賀高原で撮影というので、少し欲張ってポータブル赤道儀2台と対角魚眼レンズを付けたカメラ、計3台をセットしました。

天の川が見えて来る頃には私も含めて7人ものカメラマンが集まりました。平日なのに遠く神奈川、東京、埼玉から遠征されてきたようです。





この日の狙いは天の川とその中にある星雲撮影でした。赤道儀2台に100mmと24mmレンズを付けて追尾撮影をしました。追尾撮影をするには天の北極に極軸を合わせなくては正確に追尾してくれません。自分では正確に北極星に合わせたはずなのに、1台の赤道儀の画像の星が点に写ってくれません。どうしても流れてしまいます。多分極軸が合っていないのではないかと修正するのですがどうしても点に写りません。諦めてしまおうと思った時、ハタと思いついたこと・・・それは追尾速度スイッチがもしかしたらハーフスピードになっているのではないかと・・案の定ハーフスピードになっていました。ずいぶん長く使っていなかった赤道儀だったのでいつの間にかスイッチが動いてしまったようです。

設定をし直していざ撮影です。基本的にはISO1600or3200、120秒露光を10回繰り返して、ステライメージ8で加算平均コンポジットし、フォトショップで画像補正をしました。

射手座からさそり座の領域です。天の川の一番濃い部分ですが霞のようなもの星の集まりだなんて想像を超えています。(24mmレンズ使用)



100mmレンズでも撮影しました。
白鳥座のデネブとサドル付近には赤い散光星雲があります。目ではみえないのですが天体専用に改造されたカメラで写すと赤い散光星雲が見えてきます。左下には北アメリカ星雲と呼ばれる赤い散光星雲が見えます。

カシオペア座とペルセウス座の間にも赤い散光星雲があります。中央上が通称ハート星雲、下が胎児星雲です。右にはペルセウス座の二重星団が見えます。

さそり座のアンタレス付近は赤や黄色、青が美しいのですが・・・今の私の技術では表現できません。次回はもう少し露光時間を長くしてみたいと思っています。


最後に、ケフェウス座にいるジャコビニー・チンナー彗星(P21)が写るかどうか予報されている部分を撮影しました。小さいのですが彗星らしい色をしているP21を見つけ出しました。


2018年7月1日日曜日

ヤマセミ祭り・・・6月最後の鳥撮り

今年の梅雨は梅雨らしい雨の日が少なく、梅雨明け寸前になって雨が降りました。いつものカワセミポイントは水量が少なくヤマセミの姿が見えないという情報もありましたが、夕方時間があったのでポイントへ行ってみました。

しばらくするとカワセミが遠くの枝にとまりましたがすぐ飛んでいってしまいました。

このカワセミの後、バンが二羽、仲睦まじくじゃれ合いながらやってきました。湖面に出た流木に乗ってじゃれ合う姿を撮影したところ、バンの特徴的な脚が写っていました。赤い嘴とともに恐竜の脚のような緑色の脚がバンの特徴です。

スズメが至近距離で草の種を啄み始めました。脚で穂を踏んで啄む姿が面白いなと思いました。

午後6時前、そろそろ帰ろうかと思った矢先なんとヤマセミが姿を見せてくれました。このヤマセミは30分ほど近くの枝にとまってくれていたのでいろいろな姿を撮ることができました。





最後は遠くの柳の茂みにとまってから上流に帰っていきました。よく見ると茂みから飛び立つときゴイサギの視線がヤマセミの方に向いているので面白いシーンだなと思います。

2018年6月24日日曜日

6月の鳥撮り

6月はカワセミのダイブシーンを狙ってみました。

6月9日(土)


6月16日(土)



6月17日(日)
久しぶりのツーショットです



6月23日(土)
ダイブの後は入念に毛繕いをしていました




2018年6月3日日曜日

志賀高原渋峠の星空・・梅雨に入る前に

6月1日の夜、月が出る前に車で40分ほど走って志賀高原横手山から渋峠まで足をのばしました。横手山ドライブインの手前に広いところがありますが、今までそこで撮ったことがありませんでした。車を止めてみると志賀高原のシンボル笠岳が手前にあって絵になるのです。
西に沈んでいく金星、それを追いかけるように下を向いた獅子座、そして夕焼けの後の低空の明かりがきれいでした。

その後は一気に渋峠、国道最高地点2172mまで移動しました。いつもはこの場所にたくさん人がいるのですがこの日は私だけでした。
まずは証拠写真として標柱を入れて撮影しました。
一番下の方の明かりは草津温泉だと思います。


縦構図で北斗七星からアークトゥルス、スピカまでの春の大曲線、ひときわ明るい木星、そして低空のさそり座まで一網打尽です。

この後は少し下って渋峠スキー場の駐車場で三脚を立てました。この場所はちょうど長野県と群馬県の県境に建つドライブインがあります。建物の中にも県境の線があったような気がします。
なんと、まだ雪が残っているではありませんか!!!




星撮りを堪能して帰宅しました。帰宅した頃には月が昇ってきていました。低空だったので撮影は諦めて寝ましたが3時半頃起きたついでに外に出ると月が煌煌と輝いていました。


昨年の夏は星空が広がらなくて何とも消化不良の夏でした。今年は晴れ上がった星空を見せてほしいものです。

2018年5月12日土曜日

クモマツマキチョウをもとめて

5月5日、クモマツマキチョウの撮影に誘っていただき行ってきました。昨年はメスに出会うことができましたが、クモマツマキチョウのオスには出会うことができませんでした。



このクモマツマキチョウは、マニアでは「クモツキ」と呼ばれています。図鑑によればクモツキは日本の中でもごく限られた場所にしか生息していません。この日もクモツキの姿を追う方が大勢いらっしゃいました。

 歩き始めてまず目の前に現れて近くの枝にとまったのがオオルリです。突然現れてしばらくいてくれたので同行の3人で撮影会をしました。

次に現れたのがルリビタキ、「幸せの青い鳥」です。オオルリといいルリビタキといい青い鳥はクモツキと出会える幸せを呼んできてくれたのでしょうか。





ゴジュウカラも姿を見せてくれました。

そして最後にはクモツキです。有名な昆虫写真家のUさんの姿も拝見しました。有名なSさんにもお会いできました。Sさんはクローズアップの写真ではなく周囲の木々や草花を入れたクモツキの飛翔シーンを狙っていらっしゃいました。ストロボを使うようです。私もそんなテクニックを身につけたいなと思いました。
 一頭のクモツキが飛んできてヨモギやスミレの花にとまると、どこからか大勢の人が現れて大撮影会となりました。勿論私もその追っかけカメラマンの仲間ですが・・・。



なかなか出会えないクモツキに出会え写真もたくさん撮れました。幸せの青い鳥様様でした。

2018年4月12日木曜日

キレンジャク・・・やっと会えました。

チャンスは予告なくやってきました。今朝職場へ行く途中、リンゴの枝に鳥の影が見えました。

どうせムクドリだろうと思って近づくと、頭の上にトサカのようなものが見えました。「これは3年前に撮影してそれ以来出会えなかったレンジャクではないか!?」と・・

最近車の中にあまり使わなくなったコンデジを積んであったので、早速取り出して撮影しました。








 尾の先が黄色いのでキレンジャクです。