2018年6月3日日曜日

志賀高原渋峠の星空・・梅雨に入る前に

6月1日の夜、月が出る前に車で40分ほど走って志賀高原横手山から渋峠まで足をのばしました。横手山ドライブインの手前に広いところがありますが、今までそこで撮ったことがありませんでした。車を止めてみると志賀高原のシンボル笠岳が手前にあって絵になるのです。
西に沈んでいく金星、それを追いかけるように下を向いた獅子座、そして夕焼けの後の低空の明かりがきれいでした。

その後は一気に渋峠、国道最高地点2172mまで移動しました。いつもはこの場所にたくさん人がいるのですがこの日は私だけでした。
まずは証拠写真として標柱を入れて撮影しました。
一番下の方の明かりは草津温泉だと思います。


縦構図で北斗七星からアークトゥルス、スピカまでの春の大曲線、ひときわ明るい木星、そして低空のさそり座まで一網打尽です。

この後は少し下って渋峠スキー場の駐車場で三脚を立てました。この場所はちょうど長野県と群馬県の県境に建つドライブインがあります。建物の中にも県境の線があったような気がします。
なんと、まだ雪が残っているではありませんか!!!




星撮りを堪能して帰宅しました。帰宅した頃には月が昇ってきていました。低空だったので撮影は諦めて寝ましたが3時半頃起きたついでに外に出ると月が煌煌と輝いていました。


昨年の夏は星空が広がらなくて何とも消化不良の夏でした。今年は晴れ上がった星空を見せてほしいものです。